×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「咲かない桜」


 桜が開花していた。1本に数個の花だけど、それでも、春の訪れを知らせるには十分。あと10日もすれば、満開になるだろう。推測だけど。
 僕は満足だった。3年間通った学校を卒業して、無事進路も決まって、これから数年間の新たな生活を夢見ていた。
 だからだろう。浮かれていたんだろう。油断したんだろう。僕は――。


 3月13日のことだった。――卒業式。
 泣いてる人がいた。笑っている人もいた。どっちでもない人も、いた。
「どうした、そんなつまらなそうな顔して」
友人は述べる。僕は聞き流すように答える。
「いつ始まるんだ? この式は」
校長以下みんな談笑という名のおしゃべりに興じている。そのおかげで(そのせいで)、9時30分開始予定のはずが、すでに10時を過ぎていた。
「それもそうだな。談笑なら終わった後ですればいい」
僕は聞き流す。
 結局、卒業式は1時間20分遅れで始まった。

 「で、これは何?」
「祝賀パーティーだね」
「へぇ」
目の前には高級そうな料理。×10。へぇ、こんなんあるんだ。食べたことないや。というか、これのお金ってどこから出てるんだろう?
「OBとかOGが出してくれてるらしいから、心配しなくていいみたいだよ」
「そうか。どうやって人の心を読んだ」
「気にするな。はっはっは。」
「気になる。だけどもういいやめんどい」
ここまで来てもおしゃべりは続く。たぶん解散は夕方になるんだろうな、とか考えながら、OBとOGの奢りの昼食をのんびり胃に収めた。


 3月14日のことだった。――合格発表。
 昼過ぎ、掲示板の前に立つ。たぶん合格しているんだろうなという自信を添えて。もっと早く来ていれば、受かった落ちたの動乱を目の当たりにできたかもしれないけど、興味がないのでパス。
 落ち着いて、掲示板を確認する。
「よし、あった」
騒がずに、独り、確認を終えた。

 桜が、10輪くらいに増えていた。
 余談だが、1か月前に何ももらっていないので、お返しは無し。


 3月15日のことだった。――――。
 ――桜の花びらが、すべて、散っていた。

 入学準備。面倒だけど、やらなきゃどうしようもない。だから必要最低限の準備をして、出掛ける。
 目的地までの途中、信号待ち。そして、赤い電灯が消え、青に変わる。僕は足を踏み出した。
 違和感。何がおかしい? ……ほかの人が、信号待ちをしていた人が、誰も、誰一人も動いていない。これはおかしい。さすがにおかしい。何故? 僕は横断歩道の第一四分点。皆は端点。
 クラクションの音。頭だけ右方を向く。そうか。


 ――トラックが、猛スピードですぐそこまで迫っている――。


 信号無視。理解した。だけど、理解が遅かった。いくら学校の勉強なんかの理解ができたって、こういうことの理解ができなければ意味がない。なぜならば、きっと僕に明日はないんだから――――。





<あとがきに類する何か。>

[任意の挨拶を代入]。
今回は忍者サイトマスターの、コミュ「物書きの集い」のお題「未来」×コミュ「小説書いてます」のお題「春」でお送りします。
ああ、早いところサイトを見やすくせねば……。

2011/03/26





直線創作 index > works > novel > 咲かない桜